• 三朝町社協のご案内
  • 三朝町社協の仕事
  • 各種資料

  • 三朝町社協からのお知らせ

  • 定款・規程・予算・決算

  • 会費・寄付のご案内

  • 赤い羽根共同募金について

  • 個人情報保護方針

三朝町社協のご案内

社会福祉協議会とは

社会福祉協議会(以下「社協」という)は、社会福祉法第109条において、「地域福祉の推進を図ることを目的とする団体」として位置づけられ、全国・都道府県・市区町村にそれぞれ組織される、営利を目的としない地域福祉の推進を目的とする公的な民間福祉団体です。

基本理念

三朝町では、第10次総合計画において、町の将来像とする「心豊かで“キラリ”と光る町」の実現に向けた基本理念のひとつに「共生の町」を掲げ、すべての町民がお互いを尊重し、支え合い、助け合いながら共に心豊かに暮らすことができる町づくりをめざしています。

地域の中で心豊かに暮らすためには、まず日常生活における「不安感」が解消されることが必要であり、そのためには人と人とのつながりから生まれる「共に支え、支えられる関係」が不可欠です。町民一人ひとりが隣近所や地域に関心を持ち、「困ったときはお互い様」の気持ちで支え合うことが大切です。

そして、行政や福祉事業者が制度に基づいて提供する福祉サービスと、町民自らが問題解決に向けて主体的に取組む地域福祉活動が組み合わさって、地域での安心した暮らしを実現することができます。

三朝町社協は、誰もが住み慣れた地域の中で「安心して、いきいきと暮らせる町」をめざして、その基本理念に

誰もが安心して暮らせる町
“つながり・支え合い・福祉サービス”の調和

を掲げ、取組みを進めていきます。

重点目標

三朝町社会福祉協議会では、基本理念を具体的に実現していくために、次の3つの目標を掲げて取り組んでいきます。

  1. 共に支え合う地域づくり
  2. 地域福祉を支えるひとづくり
  3. 適切にサービスが利用できる仕組みづくり

会長の挨拶

 三朝町社会福祉協議会は、だれもが持つ「いつまでも、住み慣れた地域で、安心して暮らし続けたい」という願いを叶えるために、町民みなさんの協力はもとより、町行政をはじめ関係者の方々と連携しながら福祉活動に取り組んでいます。
 地域社会で心豊かに暮らすためには、ひとそれぞれ、どのような生活環境にあっても、人が人として大切にされ、共に生きることが求められるとともに、地域の中でそれぞれの能力に応じた働きや役割を果たすことが大切だと思います。
 三朝町社会福祉協議会は、地域福祉の中核的な担い手として、町民のみなさんと様々な生活課題を共有し、その解決に向けて地域関係者の方々と協働して「だれもが安心して暮らせる福祉のまちづくり」を推進して参ります。
 みなさまのご支援とご協力をよろしくお願い申し上げます。

社会福祉法人 三朝町社会福祉協議会
会長 遠藤英臣

組織のご紹介

組織のご紹介

施設のご案内

■ 名 称

三朝町立福祉センター レスポワール

■ 所在地

〒682-0125 鳥取県東伯郡三朝町大字横手50-4
TEL:0858-43-3388(代)/FAX:0858-43-3378

■ 開館時間

午前8時30分から午後5時まで。ただし、入浴利用の入館は午後4時30分までとします。

■ 休館日

毎週日曜日
国民の祝日(ただし土曜日は開館)
8月13日、14日、12月29日から1月3日

■ 利用料
【入浴料】
・75歳以上の人
・障がい者
・小学生以下の人
無 料
上記以外の人 100円
【部屋使用料】
三朝町に住所がある人 無 料
三朝町に住所がない人
部屋名 料金(1回)
集会室 3,000円
交流室 3,000円
集会室・交流室 5,000円
会議室 2,000円
教養娯楽室 1人につき100円
二室同時に使用の場合2,000円
相談室

※部屋の使用料を支払った人は、入浴料は無料。
※館内への飲食物の持込はできますが、片付けは利用者で行なって下さい。